ゴールデンの〝たけちよ〟&〝のあ〟と〝にゃんず〟の日常。
Calendar


07 ≪ 2017/0809
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

最新記事


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


いくつになったの「わん」


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


▲pagetop

プロフィール

wankonyan

Author:wankonyan
にゃんず&わんの世話係。
ハンドメイドでリード&カラーの
WEB SHOPを運営しています!
特別オーダーも可能♪


★たけちよ旧ブログ
ワチャたけ奮闘記

★HP
(2005年5月までの日記はこちら)
ねことねこ+わん


お宿&お店


わん友


にゃん友


‘のあ’の同胎犬


リンク


いくつになったの「にゃん」


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








5年


今日で、ぼすがお空に帰って5年が経ちました。。。
もう5年、まだ5年。。。
5年の間に我が家にはワンコが2頭になり、にゃんこも増えて賑やかに過ごしてる。
ぼすと出会ったから、今たけちよとのあが我が家に居る。

ぼすが居てくれたから、ゴールデンと言う犬種の素晴らしさを教えてくれた。
ぼすが居てくれたから、犬との生活の楽しさを教えてくれた。
ぼすに出会わなかったら、猫飼いだった我が家は犬を迎える事はなかっただろう。。。

ぼすと暮らした時間は3年にも満たない短な時間だったけど、ぼすが残してくれた物は
とてつもなく大きな物だったと感じている。
ぼす、我が家に来てくれてありがとうね。
姿形は側に居なくとも、いつも一緒だからね。。。
s-P5152243.jpg


我が家には、ぼすの後に旅立ったにゃんこの、いっちゃん、おぅちゃんが納骨せずずっと一緒に居る。
悟空は最後まで預かりと言う事で我が家に居た子なので、亡くなった後は保護主だった
はなちん先生のお家の庭で眠っているが、小さなお骨を我が家にも残して暮れた。
悟空は可愛い入れ物で眠っているが、ほかの子は火葬して貰った時のまま
四角い箱の中で眠ったままだった。。。
その箱も月日が経つにつれ、色あせて来たのが気になっていたので、
ぼすの命日を迎えるに当たり、綺麗に包んでお色直ししました。
20110613_1.jpg


普段は猫やたけ・のあに悪戯されるので、お供えは置いておけ無いのだけど、
今日はぼすの大好きなパンと、我が家ではにゃんずさんはカリカリ以外
滅多に食べれなかった焼きかつおと、ウェットフードなんぞをお供え(^_^;)
お供えするとさっそくやって来た、たけちよ。。。
こうなるから、いつもお供え出来ないんだよね、ごめんねみんな…
20110613_3.jpg

悪戯されない様に、何か考えないといけないねぇぇ


スポンサーサイト



2011⁄06⁄13 23:55 カテゴリー:ぼす comment(0) trackback(0)
▲pagetop








4年目の。。。


今日はぼすの4回目の命日でした。
s-boss_1006.jpg

この4年、ぼすを忘れる事は無いけれどぼすの話をする事
は少なくなってきました。。。
それはね、ぼすを忘れた訳では無くて、言葉にするのは難しいけど、
思い出して話をしなくても、たけやのあと暮らしているだけで、
ぼすを感じる事が出来る様になったとでも言うのかな。。。
正直、ぼすの無くなる数日間の、日に日に弱るぼすの事を思い出す事は、
後悔することが多すぎて、無意識に思い出さない様にしているけれど…

でもね、ぼすが居たから今の、たけちよとのあとの暮らしがある訳で、
ぼすが居たから犬と暮らす楽しさを知った訳で、
我が家が犬との生活を楽しんで居るのは、ぼすが全てだからなんだよね。
ぼすが居なかったら、母ちゃんは犬が苦手なままでした。
ぼすが居なかったら、琵琶湖でなんて泳ぐ事はもう無かったもんね。
ぼすが居なかったら、あちこち旅行をする事なんて無かったもんね!

ある方が大型犬のシニアの10歳からの1年1年は、神様からのプレゼントと
言われた事がありました。
ぼすは10歳からのプレゼントは貰えなかったけど、でもね、母ちゃんは思います。
ぼすにとって我が家へ来た3年弱の月日は、神様からのプレゼントだったのと。。。
我が家で看取った、ぼすも、猫のいっちゃん、おうすけ、悟空も、見つけて貰って
保護されなければ、その時点で無くしていたかも知れない命。
どの子も我が家では無く他のお家なら、もっと長生きできたかも知れない。。。
でも、どの子も短い時間だったけど、我が家へ来てくれて我が家を選んでくれて、
母ちゃん達は幸せでした。
ぼすやいっちゃん、おぅちゃん、悟空の命日を迎える度に、
ある人が言ってくれた言葉、「何年生きたかじゃなく、どれだけ濃い時間を生きれたか」
それを改めて思い出し、今居る子達を居て当たり前と思わず、この子達を
もっともっと大切にしていかないと、と思い返すのでした。。。

で、ぼすのお供えに、ぼすがスキだったパンを焼いてみました。。。
100613_1.jpg
初めて焼いた、わんこパンなので、形はいびつです(~_~;)

お供えすると、すかさずやって来る、たけちよ。。。
100613_2.jpg

たけものあも、ちゃんとぼす兄ちゃんに「だべて良い?」って聞いてからにしなさいね!
と、ちゃんと頂戴ね~と言ったかどうかは知りませんが、
この後たけのあのお腹に収まったのでした(^^ゞ
100613_3.jpg

にゃんこの事は続きで。。。



▽***つづき***





2010⁄06⁄13 23:52 カテゴリー:ぼす comment(2) trackback(0)
▲pagetop








23日は。。。


白馬の様子をUPしたので、書きそびれちゃいましたが、
9月23日は先代ぼすの、家の子記念日&お誕生日♪
ぼすが元気で我が家に居れば、
9歳(推定)のお誕生日&6年目の家の子記念。

家の子記念3年目を迎える前に、旅立って行っちゃったので
お骨になってから我が家出迎える家の子記念のが長くなっちゃったね。。。
たった3年足らずの我が家での生活だったけど・・・
たけちよの様に沢山のお出かけは出来なかったけど・・・
ガリガリでお尻の骨がゴツゴツで、コートがパサパサで
我が家へやって来たぼす。
我が家へ来てからは毎週の様に病院へ通い、
お薬浸けの毎日だったけど、それでも元気にワチャワチャ遊び、
最後の1年位は病院通いも殆どせずに、色んな所へお出かけもして、
ガリガリだった体も立派になり、バサバサだったコートも立派になったね。
s-boss0923_c.jpg


今から思えば、最後の1年は病院通いが続いたぼすの
楽しい思い出作りに残された、短かかったけどとても濃い
時間だったのかな~って思います。。。

ぼすといつも泳ぎに行った琵琶湖の場所は、ぼすが亡くなってから
ワンコ遊泳禁止になっちゃいました。。。
ぼすと最後に遊んだ雪遊びの翌年は、あまり雪が降らなかったんだよ。。。
そう思うと、ぼすは最後に琵琶湖、雪とお友達とも遊べて良かったんだよね!
欲を言えば、たけちよがのあと遊んでいる様に、
ぼすもたけちよと仲良く遊んでいる姿を見てみたかったな。。。


この写真、ぼすが旅立つ1ヶ月前の写真なんですよ。。。
いつも行ってた、こんぜのお山にお出かけして、沢山走り回り
かばんに入ってたクッキーをかってに持ってきたりと、
意外とオイタするやんちゃさんだったんですよ(笑)
s-boss0923_b.jpg

s-boss0923_a.jpg


これからも、お空の上からたけちよとのあと、
にゃんずの成長を見守っていてね~




にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
ランキングに参加しています。。。
今日も見てくれて有難う♪
↑ぽちっ!してくれるとうれしいワン!






2009⁄09⁄24 21:30 カテゴリー:ぼす comment(2)
▲pagetop








3年。。。


今日6月13日は、先代ぼすの3回目の命日です。。。
ぼすが我が家へやって来たのは2003年9月23日。
それは突然に、猫仲間の掲示板への書き込みから始まった。
どなたか犬の一時預かりは出来ませんか?と。。。
引き取り先が見付からないなら明日にでも保健所に連れて行かれると。。。
それは出来ないので一先ず、猫仲間の職場につれてくる事になったが、
一時預かりが必要と。

と言う事で、その猫仲間が同じ県だった為、我が家で預かる事にした!
が、犬を飼うのは初めてです。。。
なぜその犬を預かる事に決めたのか・・・
今までも犬の預かりをするかも知れないと言う事は何度かあったのですが、
その都度預からなくても良くなったって事だったが、
ぼすの場合はすんなり我が家へやって来た(笑)
それが縁って物なのだろうな~と思う。。。

そうして、飼い主又は里親を探すまでに
一時預かりと言う形で我が家へやって来た。
が、我が家へ来て暫くしてから、あれやこれやと体調の問題が出て来た。。。
保護された場所や体の事などから、迷子ではなく
捨てられた可能性が高かった。
一時預かりと言う事なので、体調が良くなったら里親を探す予定だったけど、
結局、情も移り我が家で残りの犬生を過ごして貰う事になった♪

が、今から思えば最初に貧血・脾臓が肥大した時に、
もっと色々な病気を疑えば良かった。
ぼすと暮した年数、たけちよと暮した年数で少しは犬種に付いての
なりやすい病気などを知ることが出来たから。。。

その頃、脾臓の肥大で腫瘍の疑いがあり、緊急手術したのだが
良性だった為安心したが、ホント、今から思えばこれが
最後の病気の兆候だったのかも知れない。。。
亡くなる時まで色々と小さな病気があったが、
その都度回復し元気になってくれた。
最後の年の1月、膀胱に影が見えたがそれもきっと大した事は無いはず!
検査しても良性と出るに決まっている。なんて思ってましたが、
最後の最後で膀胱癌が発見された。。。
幸いな事に、定期的に病院へ通って居たので早期発見で
無事手術で取り除けこれでグングン元気になるものだと思ってました。。。
が、その数ヶ月後、保護当時と同じ様に貧血が進み
結果急性白血病と診断された。。。

その病名を聞き、色々と調べれは調べるほど、愕然とすることばかり。。。
それは、急性の場合、抗がん剤が効きにくい事。。。
発病から1週間の余命。。。もって数週間・・・
しかし、余命と寿命は違うと信じ、直ぐに抗がん剤の治療をするも
空しくその余命は当たり、白血病と診断されてから
1週間ほどでぼすの力は尽きたのです・・・

ただ救われたのは、ぼすが大好きだったパンを
亡くなる前日まで食べられた事。
亡くなる数時間前まで自力でトイレに行けた事。。。
保護時カスカスで、中々綺麗にならなかった皮毛も
亡くなる1年ほど前から綺麗に輝く金色の毛色になり、
尻尾もフサフサのゴルになり、増えた体重も減る事も無く旅立てた事。。。
動けず辛い時間が短かったこと。。。
今まで辛い思いをした子だから、旅立ちは苦しくなく短くと願った様に
穏やかな顔で旅立てた事が、救いでした…

ただ一つ、もっと長く一緒に居る事が出来なかったのが心残りです。。。
元気になったぼすともっと色々とお出かけしたかった…
ぼすは我が家へ来て2年9ヶ月。
3年目の家の子記念を数ヶ月残し、旅立って行きました…
とうとう、ぼすが生前我が家で過ごした時間より、
お骨になってからの時間のが長くなりました・・・

たった数年しか一緒に居られなかったけど、正直な所
たけちよと過ごす3年よりも、もっともっと深く重く長い年月でした。。。
たけちよへの愛情が少ない訳ではありません。
きっと、たけちよやのあは母ちゃんにとってのぼすを
超える事はできないと思います。。。

それだけぼすは母ちゃんに取って、特別過ぎるくらい特別な存在でした…
boss_love.jpg

だから、たけちよものあも、そんな母ちゃんを許してくれるよね・・・


▽***つづき***





2009⁄06⁄13 00:00 カテゴリー:ぼす comment(0)
▲pagetop








2年。。。



今日は、ぼすがお空に帰って2年です。。。
ぼすが亡くなって、寂しい時間も沢山あったけど、
ぼすが会わせてくれた、たけちよが居たお陰で、毎日忙しい日々を過ごせました。
たけちよが居なければ、この2年の間に、ぼすの話は何回出たのだろう。。。
たぶん、犬との生活がなければ、そんなにぼすの話は出てこなかっただろうな…

たけちよが何かをすれば、ぼすの話になり、
実家で、たけちよがワチャワチャすれば、ぼす兄ちゃんはよい子だったぞ~
とじぃちゃん、ばぁちゃんに、ワチャワチャたけちよを笑われる(^^ゞ
たけちよが居たから、ぼすの思い出話を沢山できる。
ぼすが居たから、たけちよとの楽しい日々が送れる。
ぼすもたけちよも、我が家に居なくてはいけない存在です(笑)
我が家にとって6月は、悲しい日と嬉しい日が半々の、複雑な月ですね。。。

普段は、にゃんずが悪戯するので、お供えもお花も置けない仏壇ですが、
今日は特別に、小さなお花とぼすの大好きな、パンをお供え。
にゃんずさん、悪戯しないでね(笑)




ぽちっ!してくれるとうれしいワン♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ





2008⁄06⁄13 23:10 カテゴリー:ぼす comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next >>



Copyright © 2017 たけ・のあ&にゃんずの日々. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。